8歳の娘と歳の差40歳父の子育てブログからのリニューアル


by dah_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

こうもんしゅういのうよう

前にも書きましたが、去年は人生初の入院と手術を経験しました。しかも7月と9月に2回。どんな病気だったのかを書かなかったのはちょっと恥ずかしい部位の病気だったから。でもブログのネタがないので書くことにします笑

7月の入院は「肛門周囲膿瘍」という病気を治療するためでした。ケツの穴周りに膿が溜まって痛くなる感染症で、この病気に罹ると必ずと言っていいほど「痔瘻」という病気になります。そいつは膿が作ったトンネルのことで瘻管というのですが、こいつを放置するとまた肛門周囲膿瘍が再発するので、この瘻管を取る手術をしないといけない。9月はその手術のため再入院でした。
肛門周囲膿瘍は身体の免疫力低下が原因で、医師いわくおそらく強いストレスによるものだと。ちょうどその頃は仕事関係で思い当たることがあるだけでなく、3月に参加したフルマラソンの影響もありそうです。フルマラソンを走ったあとは一時的に免疫力が落ちるというのはよく言われてます。

b0091685_02221908.jpg
手術は病院の都合で入院した日から二日後の朝。それまではベッドの上でドンドン増してくるケツの痛みと格闘しっぱなし。歩くのはもちろんトイレに起きるのもままならないほど。初めての病院食もびっくりするほど味のしないあんかけ豆腐と酢の物が出てきたりして、退院するまでこんな食事が続くかとウンザリでした。

b0091685_02225034.jpg
これ以上痛みに耐えられない、というところでようやく手術の順番が。術後はしばらくトイレに行けないので、手術前からふんどしみたいなのを履かされてから手術室へ向かいます。手術室は病院のどこの部屋とも違う雰囲気でしかもだだっ広い印象。そこで手術用の服に着替え歩いて広い部屋の中を移動、たくさんある手術室の中の一部屋に案内されます。その部屋もかなり広くて、なんかコンピューターでも作るんじゃないかっていうぐらい無機質でメタリックな空間。なのにBGMでミスチルが薄く流れていて、そのギャップが変だったけど、おそらく患者をリラックスさせるためのものだと思います。

手術中は眠くなる成分が入ってる吸入器をつけてたせいでいつのまにか眠ってしまい、気づいたら手術は終わってました。賞味40分ぐらいだった模様。麻酔のせいで腰から下の感覚がないのでベッドに寝た切りで病室に戻され、すぐさま上の写真のような装具を足に巻かれます。これは麻酔が効いてる間にふくらはぎの筋肉が固まらないようエアーポンプでマッサージをしてくれる機械で、たしか術後24時間このままだったと思います。当然トイレには行けないので小便は尿管に刺された管から尿瓶へ、大便は看護師さんに処理してもらいました。痛いし恥ずかしいし、なんて自分はダメな人間なんだろう、みたいな情けない気持ちになりますね。

b0091685_02270267.jpg
手術から丸一日経って、ようやく身体を起こすことができるようになります。尿管に刺さった管を抜いてもらう(これが激痛!)、ふんどしから自分のパンツに履き替えてトイレにも行けるようになると、30時間ぶりの食事が待ってます。マジで美味かった…。手術した場所が場所なだけに麻酔が切れると痛みがあるかもしれない、と言われてましたが、そうでもなかったのが幸いでした。けど退院はすぐできないので、その後も4日ほどの入院生活を送りました。仕事は電話とスマホからメールでどうにかこなし、あとは会社の人に引き継いでもらいました。
b0091685_02290355.jpg
そして退院から2ヵ月、こんどは痔瘻の手術を受けました。夏の仕事がひと段落したところでのスケジューリング。痛みとか症状がないので楽な気持ちで入院しました。手術も1時間ほどで終了し、その後の流れも前回とほぼ一緒だったんで安心して入院生活を堪能。夜はもちこんだPCで映画を観たり、仕事の新しい企画や事業の構想に思いを巡らしてノートに書いたり、まったりとした時間を過ごしました。

b0091685_02241064.jpg
b0091685_02280800.jpg
のべ二週間の入院で思ったことを書きたいんだけど、ちょっと長くなってしまったんでそれは改めることにしますが、最初の手術に入るまでの食べた以外の病院食はとても美味しかったです。味付けもしっかりしてるし、意外とご飯の盛りも多い。病院食をそのままメニューにしたお店とか出したらいいかも。そんなことないか。





[PR]
Commented by saki20040312 at 2016-11-01 16:52
dah sanも入院されていたんですね。
おしっこの管とか、病院食とか・・・おんなじですね。共感・・・。
お体お大事にしてください。
Commented by dah_san at 2016-11-03 02:15
> saki20040312さん
不治の病とか後遺症が酷い病気じゃなくてよかったです。おかげで痔になりやすい体質になってしまい、自転車通勤は封印されちゃいましたが…。お互い気を付けましょう。
by dah_san | 2016-10-16 08:25 | 身体のこと | Comments(2)