8歳の娘と歳の差40歳父の子育てブログからのリニューアル


by dah_san
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2014年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

東京30Kを完走しました

長くなりましたがようやく完結編です。

折り返し地点。
b0091685_10583334.jpg


20km地点を過ぎた頃にはかなり気温が上がってました。陽射しもかなり強くて、身体がへばってきているのがわかります。もちろん自分にとって20km以上は未知の領域。完走は何とか出来るはずだけど、いつまでこの調子で走れるんだろうか…。

ちなみにレース前にイメージしていたペース運びは以下のとおり。

10km 6'30"
20km 6'15"
30km 6'00"

つまり3時間10分を切るタイムでゴールするのが目標でした。

が、やっぱり20kmを過ぎると身体に異変というか、身体が思い通りに動かないもどかしさを感じるようになってきます。それを気にしないように淡々と走ろうとするんですが、足全体がギシギシと軋んでいるかのようで辛い。残り10kmはペースアップしようと思っていたけど、それどころじゃない。

そして22km付近。
急に足の土踏まずがなくなりました。足の裏がいきなり偏平足になったような感覚。地面の衝撃が身体全体に刺さるような感じがします。これはマズイとフォームを正そうとするも、もはや身体が言うことをきかないぐらい。肩も急に重くなってきて、腕を振るのがしんどくなっている。それでも何とか26kmまではペースも落とさず走り続けることが出来ました。

そして26kmを500mほど過ぎたあたり。コースの端っこから助けを呼ぶ声がしました。「すいません! 誰かエイドを呼んでください!」。見ると、男性ランナーが足を押さえながら仰向けに倒れています。どうやら足の肉離れの様子。その声に気づいたのは自分と女性ランナーの2人。立ち止まってエイドを探しに行こうとするも、今のペースより早く走ることが出来ずオロオロするのみ。もう一人の女性ランナーが少し先にあるエイドにダッシュして助けを呼んでくれて事なきをえましたが。そしてこのときほんの数メーターをムダに行ったり来たりというイレギュラーな動きが堪えたみたいで、左膝を筆頭に股関節と腰が痛みだし、給水所で水を取るために歩いたのをきっかけに、そこから走りだすことは不可能な状態に。

とにかく足がバラバラになりそうな感じ。歩くのもやっとです。ここからゴールまで3km以上もあるかと思うとウンザリです。でも歩いているうちに復活するかもしれないと、スカイツリーを横目にゆっくり歩き続けました。沿道には時折ストレッチをしながら休憩している人がいて、自分も休んでストレッチをしたほうがいいかも?と思うと同時に、ここで止まったら一生動けない!という不安もあって、とにかく歩き続けることに。7'00"のペースメーカーの集団にも抜かれ、あとは制限時間内に戻れるかどうかの勝負になりました。

ゴール寸前。
b0091685_1059675.jpg



歩き始めてから1時間後。ようやくゴールが見えてきました。
手前だけ何とか走って、ゴール。9時14分スタート、13時57分ゴール(14時が制限時刻!)で無事に完走できました。

ゴールするとすぐに計測チップが外されます。自分で外すこともできないぐらいへばっているので係のオジサンがやってくれました。そしてサンプリングの水素水をもらってグビグビ飲んだら咳きこんでしまいました。アラアラ大丈夫?と心配する係のオバサンからタオルとTシャツをもらいます。そして座れる場所を探してヨイショっと腰を下ろした時は、もうこのまま動けないんじゃないかと思いました。

15分ぐらいそのままジッとしてたら身体がシャンとしてきました。すると、お腹が空いてることに気づきました。でも身体は固形物より水分を求めてます。とりあえずバナナをもらってモグモグ。あとはアミノバイタルを一気飲み。缶ビールも配ってましたが冷えてなさそうなのでやめておきました。そしてストレッチをゆっくりと丁寧に。会場はすでに10kmレースのスタート時刻が迫って忙しない空気です。そういえば10kmは普段着での来場者が多かったような。初心者はもしかしてこっちのほうが良かったのか?

15分以上かかる堀切菖蒲園までトボトボ歩き、駅前の中華屋にて餃子とビールでひとり祝杯をあげてから帰宅しました。

b0091685_10594440.jpg



実はエントリーしようかどうか迷っているフルマラソンの大会があったんですが、「こんなんじゃフルマラソンなんてムリムリ!」と、26km以降トボトボ歩きながら思いました。できれば今シーズン中に挑戦したいと思ってますが、まずは、とにかく、30kmを気持ちよく最後まで走れることを当面の目標にしたいと思います。おしまい。

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
[PR]
by dah_san | 2014-10-22 11:02 | ジョギング | Comments(0)

初出場のマラソン大会

レース当日です。

b0091685_6523114.jpg


会場は堀切水辺公園という広場。テントがいくつも設営されていて、小さなフェスみたい。スカイツリーが遠くに見えます。まずは更衣室で着替え。更衣室とは言ってもブルーシートを敷いただけの単なるテントで、中に入ると汗の臭いが充満していて気持ち悪い…。そして人が多くて着替えるのにいちいち周りを気を配らないといけない。だからみんなレースに出る格好のまま家から来てるのか。次からは自分もそうしようと思いました。

b0091685_65271.jpg


着替え終わると今度は荷物を預けます。預かり所にはオジサンが立っていて、ゼッケンと荷物につけるタグをチェックしています。そこを通るとゼッケン番号の末尾別にテントが10個あるので、該当する番号のテントに自ら荷物を置きます。想像以上にセキュリティが甘いので、棚に置いたリュックから財布だけ抜いて携行することに。

会場内では水素水とかアミノバイタルとかのサンプリングをやっていました。あとバナナとかも配っていたような。走る前にトイレに行こうとすると大行列。15分くらい並んでようやく済ませると、スタートまで残り10分しかないので慌ててストレッチをしました。

b0091685_6521587.jpg


この大会にはペースメーカーが各ペースごとにいます。キロ4分15秒から7分までと多数多彩。自分は6分30秒のペースを選択。早いペースから順繰りにスタートするウェーブスタートなので、先頭から14分遅れて出発しました。

5kmぐらいまでは道が渋滞してるんで前後の人とぶつからないように走ります。5km手前で最初の給水所。すごい混雑。涼しいしペースも遅いので自分はパス。給水で遅れた人が後ろからけっこうなハイペースで抜かしていくんだけど、そんなにペース早めて大丈夫かな、と心配になるほど。

初めてのレース。まず面白いと思ったのは、大勢の人と一斉に走っているのにものすごく静かだということ。友達とおしゃべりしながら走ってる人もいるけど、基本はみんな無言。バタバタバタ……と、何百人もの足音だけが厳かに響き続けるのみ。これが妙に楽しいです。あとは人間観察。年齢性別見た目そして走るフォーム、そのどれもがみんなそれぞれ違っているのが面白い。ピョーンピョーンってドクター中松の靴でも履いてんのか?ってぐらい上下運動が激しいオッサン、両腕を真っ直ぐにしたまま下半身の動きだけで走り続けるオッサン、あとはワキガがキツいオッサン、それと太ってるんだけど走りはしっかりしている女の人、妖怪みたいに小さくて細くて婆さんみたいに見える年齢不詳の姉妹の小走りとか、とにかく飽きないです。10km手前で最初の折り返し。ここで事前にもらっていたアミノバイタルを補給しつつ、初めて給水で水をゲット。

そういえば4km過ぎたあたりだったか、早くも1位のランナーが折り返しで走ってきたんですがそのスピードに驚かされました。すごい昔、神田界隈に勤めていた頃は休日出勤している会社の目の前がマラソン大会のコースだったので、そこで何度か世界クラスの選手の走りを見たことがあって、それと同じぐらい猛烈なスピードで駆け抜けていきます。その後にもパラパラと後続のランナーが続くんですが、意外とフォームにムダがある人が多い。身体が斜めに傾いていたり腕の振りが左右アンバランスだったり。それであのスピードで走れるのもすごいなと思ったり。

二回目の折り返しを過ぎた15km地点まで来ると、歩きだす人がだんだん増えてきます。抜かれるより抜くことのほうが多くなるし、前半飛ばし過ぎた人がへばり始めてるみたい。残り10kmまでは6'30"をキープするつもりだったんで、自分はとにかく淡々と走り続けるのみ。ペースメーカーになりそうな人をロックオンして、その人の背後をついていきます。

まだ続きます~。

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
[PR]
by dah_san | 2014-10-20 06:58 | ジョギング | Comments(0)
さて前回の続きです。

10月に入ってまずやったこと、それはランニングシューズの新調でした。
15km以上走ると決まって痛くなるのが股関節とお尻付近の関節。20km走を終えた時の下半身がバラバラになりそうな感じは、30kmレースを控えた自分にとって大きな不安要素でしかなく、かといって今さらトレーニングで改善することも不可能です。
ちなみに今年春から履いているadizeroは軽くて走りやすいぶん、安定性とか着地の衝撃から守るクッションはあまりないシューズ。つまり初心者が履くべきシロモノではないってことを、購入直後の足首やかふくらはぎの痛みに悩まされて知ったわけ。そんなシューズを新たにすることで不安の種をひとつ解消しようという作戦。で、買った初心者用シューズがこれ。今さらだけど。

b0091685_2322220.jpg
asics GT-2000 NEW YORK 2 slim

定番中の定番です。
履き心地はとっても安心。adizeroと比べてちょっと重たいけど、足首とかふくらはぎをしっかりサポートしてくれそう。で、このシューズでの試走第一回目の結果が以下。



b0091685_2332322.jpg
b0091685_2333465.jpg



15km走のつもりが12kmでリタイアっす…。帰宅してから気づいたんですが、足にマメが出来てました。右足薬指のいわゆる指球にあたる柔らかい部分。10km過ぎたあたりから痛みはあったんだけど、まさかマメが出来てるとは……こんなの初めてです。対処法をネットで調べ、ひとまず放置することに。すると次のジョグではマメもなくなってたんで、いちおうバンドエイドで保護だけして走ってみました。


b0091685_233551.jpg
b0091685_234079.jpg



するとバンドエイドは剥がれてマメがしっかり復活してましたが、痛みがなかったおかげで好記録達成。この10km走で、自信を持ってレースを迎えることが出来ました。でもシューズをどうするかが悩みどころ。マメ対策をした上でのNEW YORK 2か、履きなれたadizeroで行くべきか。前日まで悩むことにしました。二日前に軽く5km走って調整は終了。あとは当日まで炭水化物をガンガン摂取するのみ。かれこれ2年ぐらい、炭水化物は控え目の生活を送ってきたんで妙に嬉しかったです。普段は食べない晩酌の後のご飯も心おきなくいただきました。

そしてレース当日。

出走の2時間半前に朝食をとって家を出ました。マメが出来るところには靴ずれパットをしっかり巻いて対策。ちなみにウチから会場至近の堀切菖蒲園駅までは電車で1時間以上かかる距離。東京23区の端から端への移動で、カミさんの実家に帰る時の首都高で通る以外に行ったことがない場所です。JR日暮里で電車を乗り換えると、ホームはひと目でランナーと分かる格好をした人たちだらけ。すげえ、みんな格好がマジだ。ちなみに自分は会場で着替えるつもりなので普段着のまま。堀切菖蒲園で降りると普段着の人が殆どいない…しかもアディダスとかナイキとか、オシャレで高そうなウエアを着てる人ばかり。俺なんて上下ユニクロで走るのに、こんな本気モードの人たちが集まる大会に出て大丈夫なのか?と、ちょっとだけ不安になりながらランナーの隊列歩行に身を委ねること15分、荒川土手に到着しました。

続く。

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
[PR]
by dah_san | 2014-10-17 02:38 | ジョギング | Comments(0)
駆け足でこの2ヵ月を振り返ります。

まず8月の走行距離はこちら。

b0091685_21121893.jpg


トータル80km。
7月同様、暑さにやられタイム落ちまくりの1ヵ月でした。
何度か20kmオーバーのロング走にトライしたものの、10kmさえ辛くて途中で断念すること多数。さらに出張をはじめ月の中盤からは仕事に追われ走るどころではなく、6月7月と100km越えした走行距離も80kmどまり。
そんなわけで8月の計画がすっかり頓挫し、10月のレースへの不安が募りました。

7月8月は距離よりスピード、走力より筋力を重視したメニューのほうがいいかもしれません。となると5月6月に距離を積んでおいたほうがいいわけだし、3月4月はそれに向けてのスタミナ作りが大事かと。で、12月から2月まではフルマラソンのシーズンだから調子を上げる練習主体で、9月から11月は距離+スピード=実践的な練習が必要かな、と。そんな感じで1年の流れが何となく見えた8月の成果でした。

そして9月。

引き続き仕事が忙しく、月の後半はほとんど走れませんでした。
それでも気温が下がったおかげで走力がアップしたことを実感できるタイムを何度か刻むことが出来ました。例えばジョグ121回目となる9月2日の記録。

b0091685_21212068.jpg


8km以降の追い込みがいい感じ。しかも走り終えた後もちょっとだけ余裕もあったりして。
今、10km走がかなり楽しいです。去年までの5km走と同じ感覚というか、「長い」と感じることがない。8月は暑さで10km走るのがやっとだったぶん、この感覚の違いは大きいです。

ただし15km以上は全然ダメ。週末ごと20kmにトライするも成功したのは一回だけで、あとは15とか16kmでリタイヤ。
それでも成功した20km走は前半より後半のタイムが早いペースだったんで、本番は20kmまでゆっくり走れば残り10kmはどうにかなるんじゃないか?と前向きに捉えました。

b0091685_21241471.jpg


次回に続く。

にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
[PR]
by dah_san | 2014-10-15 21:30 | ジョギング | Comments(0)
公私ともども忙しくて久々の投稿です。

まずジョギングですが何とか続けてます。
ていうか連休初日の10/11、荒川土手沿いを走るレースに参加し、無事に(というかギリギリ)完走しました。もちろんマラソン大会は初出場。
参加したのはこの大会です。

東京30K

その名の通り30kmを走るレース。フルマラソンを完走する自信も体力もないけど、20kmまでなら走ったことがある自分にはピッタリの距離です。
公式サイトによると「マラソンへ向けて有効なトレーニングが30km走。各主要マラソン大会の約1カ月前に30kmレースを開催し、本番へ向けたシミュレーションと脚づくりの場を提供します。 」という位置づけにある大会らしく、フルマラソンに向け気合いの入った人たちもたくさん参加してました。

レースの結果はおいおい書くとして、今日と明日は仕事がヒマなので(とはいえ会社は休めない)、9月から途絶えてる走った記録を一気に遡って書こうと思いますー。

そういえばレースに出てる途中で走行距離が1000kmを超えました。
2000kmは1年かからずに到達できるようになりたいっす。

b0091685_1645661.png


にほんブログ村 トラコミュ 走る☆ジョギング・ランニングへ
走る☆ジョギング・ランニング


にほんブログ村 その他スポーツブログ ジョギングへ
にほんブログ村
[PR]
by dah_san | 2014-10-14 16:46 | ジョギング | Comments(0)