8歳の娘と歳の差40歳父の子育てブログからのリニューアル


by dah_san
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2016年 10月 ( 5 )   > この月の画像一覧

品川で釣り堀

クルマを持たない家庭で、しかも子供3人家族でのお出かけするのはなかなか大変なことだと思います。

とはいえ日曜のディズニーランドで遊んだ帰り、混み始めた電車の7人掛けシートを大人2と寝そべる子供たちそしてお土産袋で占領する家族には、もはや憐れみしかありません。
もしかしたらふだんはクルマ移動オンリーでオトーサンもオカーサンも電車なんて乗らないブルジョワ一家で、子供に「電車に乗ってみたい!」とせがまれて乗ったのかもしれない。んなわけねーか。


ちなみに最近の我が家はもっぱらクルマ移動がメイン。たとえそれが電車でサクッと行ける場所でも、やっぱり新車で出かけたいわけで。
というわけで先日ムスメが行きたいというので釣り堀へ行ってきました。品川駅前のホテルの庭園にあって、以前から気になってたところ。宿泊者用のプール施設を居抜きで営業。かつてはハイソでバブリーなリゾート空間だった場所が、くたびれた釣り堀屋に蹂躙されてる様は、どこかディストピアを想起させます。
土曜夕方なのに客はまばら。開始早々3歳ぐらいの男の子がプールに落ちて(けっこう水深あります)、お母さんがすぐさま飛び込んで救出という恐ろしい光景を見てややビビる我々親子。従業員は動揺もせず、ずぶ濡れ親子たちにタオルを渡してましたけど。

客が少ない理由、それは魚が全然釣れないからです。誰の竿にもアタリがない。魚が餌を食う気配もなし。2時間チケットを買ってしまったことを後悔するも、ムスメは魚の気配を感じるらしく、いろんなところを移動しながらアタリを待つ。開始1時間後、ついに中型サイズの鯉を釣り上げやがった。

b0091685_22103820.jpg
その後も5分おきで魚がかかるんで、周りの客が「……あの子すごい」とどよめきます。一番驚いてるのはオトーサンですが、負けてられんと自分もムスメが釣り上げたポイントに移動して竿を垂らすと、さっそく強い引きがあり、同じく鯉をゲット。

それから1時間ほど、我々親子だけが爆釣しっはなし。二人で計12匹の釣果でした。ムスメはアタリの合わせ方が絶妙で、はっきり言ってオトーサンより巧いです。

b0091685_22104236.jpg
それで気を良くしたオトーサン、翌日は自宅作業の仕事を放り出しいつもハゼ釣り場へ向かいました。そろそろハゼのシーズンも終わり。でもまだ釣れるかな~と思いきや、潮止まりなのかまったく釣れず。そんな中、ムスメはいつものようにカニの穴釣りに夢中……そして。

b0091685_22104201.jpg

b0091685_22104482.jpg

最終的には4匹カニを釣り上げてました。こいつマジで釣りのセンスあるかも…と思い始めたんで、もっと本気で親子共々釣りをやるべきか否か、そもそもそんな時間的余裕があるのかオマエには、という葛藤の中、夕方からの仕事に向かったのでした。おわり。


[PR]
by dah_san | 2016-10-22 11:15 | おでかけ・旅行 | Comments(0)
前にも書きましたが、去年は人生初の入院と手術を経験しました。しかも7月と9月に2回。どんな病気だったのかを書かなかったのはちょっと恥ずかしい部位の病気だったから。でもブログのネタがないので書くことにします笑

7月の入院は「肛門周囲膿瘍」という病気を治療するためでした。ケツの穴周りに膿が溜まって痛くなる感染症で、この病気に罹ると必ずと言っていいほど「痔瘻」という病気になります。そいつは膿が作ったトンネルのことで瘻管というのですが、こいつを放置するとまた肛門周囲膿瘍が再発するので、この瘻管を取る手術をしないといけない。9月はその手術のため再入院でした。
肛門周囲膿瘍は身体の免疫力低下が原因で、医師いわくおそらく強いストレスによるものだと。ちょうどその頃は仕事関係で思い当たることがあるだけでなく、3月に参加したフルマラソンの影響もありそうです。フルマラソンを走ったあとは一時的に免疫力が落ちるというのはよく言われてます。

b0091685_02221908.jpg
手術は病院の都合で入院した日から二日後の朝。それまではベッドの上でドンドン増してくるケツの痛みと格闘しっぱなし。歩くのはもちろんトイレに起きるのもままならないほど。初めての病院食もびっくりするほど味のしないあんかけ豆腐と酢の物が出てきたりして、退院するまでこんな食事が続くかとウンザリでした。

b0091685_02225034.jpg
これ以上痛みに耐えられない、というところでようやく手術の順番が。術後はしばらくトイレに行けないので、手術前からふんどしみたいなのを履かされてから手術室へ向かいます。手術室は病院のどこの部屋とも違う雰囲気でしかもだだっ広い印象。そこで手術用の服に着替え歩いて広い部屋の中を移動、たくさんある手術室の中の一部屋に案内されます。その部屋もかなり広くて、なんかコンピューターでも作るんじゃないかっていうぐらい無機質でメタリックな空間。なのにBGMでミスチルが薄く流れていて、そのギャップが変だったけど、おそらく患者をリラックスさせるためのものだと思います。

手術中は眠くなる成分が入ってる吸入器をつけてたせいでいつのまにか眠ってしまい、気づいたら手術は終わってました。賞味40分ぐらいだった模様。麻酔のせいで腰から下の感覚がないのでベッドに寝た切りで病室に戻され、すぐさま上の写真のような装具を足に巻かれます。これは麻酔が効いてる間にふくらはぎの筋肉が固まらないようエアーポンプでマッサージをしてくれる機械で、たしか術後24時間このままだったと思います。当然トイレには行けないので小便は尿管に刺された管から尿瓶へ、大便は看護師さんに処理してもらいました。痛いし恥ずかしいし、なんて自分はダメな人間なんだろう、みたいな情けない気持ちになりますね。

b0091685_02270267.jpg
手術から丸一日経って、ようやく身体を起こすことができるようになります。尿管に刺さった管を抜いてもらう(これが激痛!)、ふんどしから自分のパンツに履き替えてトイレにも行けるようになると、30時間ぶりの食事が待ってます。マジで美味かった…。手術した場所が場所なだけに麻酔が切れると痛みがあるかもしれない、と言われてましたが、そうでもなかったのが幸いでした。けど退院はすぐできないので、その後も4日ほどの入院生活を送りました。仕事は電話とスマホからメールでどうにかこなし、あとは会社の人に引き継いでもらいました。
b0091685_02290355.jpg
そして退院から2ヵ月、こんどは痔瘻の手術を受けました。夏の仕事がひと段落したところでのスケジューリング。痛みとか症状がないので楽な気持ちで入院しました。手術も1時間ほどで終了し、その後の流れも前回とほぼ一緒だったんで安心して入院生活を堪能。夜はもちこんだPCで映画を観たり、仕事の新しい企画や事業の構想に思いを巡らしてノートに書いたり、まったりとした時間を過ごしました。

b0091685_02241064.jpg
b0091685_02280800.jpg
のべ二週間の入院で思ったことを書きたいんだけど、ちょっと長くなってしまったんでそれは改めることにしますが、最初の手術に入るまでの食べた以外の病院食はとても美味しかったです。味付けもしっかりしてるし、意外とご飯の盛りも多い。病院食をそのままメニューにしたお店とか出したらいいかも。そんなことないか。





[PR]
by dah_san | 2016-10-16 08:25 | 身体のこと | Comments(2)
b0091685_18505745.jpg

2008に乗り換えてすでに2ヵ月が経ち、いつのまにか走行距離も1500kmを越えてました。2ヵ月で去年の走行距離の半分。新車を手にした喜びを裏づける数字ですね。

まず何が違うかというと、車を運転するのが億劫じゃなくなったことが一番デカいです。とにかく運転がラクで気持ちいい。
快適、の一言です。
振動やノイズが減って長時間移動も疲れませんし、同乗者の居眠りも多くなりました。それだけ車内が静かになった、ということです(前の206SWがうるさすぎた)。あとは車内が広くなって圧迫感も軽減されたことも(後部座席は特に)大きいと思います。
それと、個人的には嫌いじゃなかった206SWの変速ショックがなくなったことも快適さの大きな要因になっていると思います。
車の加速も前車とは段違いです。ターボの勢いが良すぎるのでむしろ以前より大人しくアクセルを踏むようになり、たぶんそれは年齢的なこともあると思いますが、以前みたいな前のめりな運転はしないようになりました。
けど適当にアクセルを踏んだり乱暴にハンドルを扱えば反応はダイレクトだし、エンジンの抜けもいい。足回りもドイツ車風な硬い味付けなので、ワインディング走行は未体験ですがそれなりに面白いと思います。

自分で意外だったのは、昔は車を運転するうえで求めてなかった「ラク」とか「安全性」が、年齢とともに大事な要素になっていることに気づきました。それでいて運転することや車を操ることの楽しさはちゃんとある車なので、そことシンプルに向き合えるようになったと思います。

前車と比べて良くないところを挙げると、後方視界の悪さでしょうか。
特に斜め後方は前車と比べ死界が大きくなってます。
車線変更で何度かヒヤリとすることがあって、最近は目視を心掛けるようにしています。
あと個人的には自動防眩ミラーが苦手です。今までミラーを直視しなくても視界の端で捉えていた後続車の存在感が、この防眩ミラーのおかげで分かりにくくなってしまいました。後続車との距離感も掴みにくいし、できれば普通のミラーに替えたいです。
ちなみにカーナビがないのでiPhoneのGoogle先生のお世話になってるんですが、たまにGPSが狂って使い物にならないことがあり、それで何度か道に迷ったことがあります。やっぱりデフォルトでついてるカーナビは偉大ですね。今さら道路地図だけを頼りに知らない道を走ることはできないことを思い知らされました。

それ以外とくに運転に支障や不便を感じることは今のところありません。こんなクルマを同じBセグメントのクルマで、たとえそれが国産だとしても同価格で買えることはめったにないので、いい買い物をしたなぁと満足しています。

今月は仕事の関係で遠出は無理ですが、せめて箱根や伊豆スカあたりまでには出かけたいと思っています。




[PR]
by dah_san | 2016-10-08 07:52 | プジョー2008クロスシティー | Comments(0)

新車トラブルその2

トラブルってほどもでないけど…国産だったらまずあり得ないラテン車らしい出来事がありました。以下。

b0091685_19375515.jpg

先月のある朝、具合の悪くなった娘を病院へ連れてった時のこと。ドアを開けた拍子に「コロン」と何かが地面に転がる音。なんのネジだこれ?

ドアのキーロック部分を見ると、こんなことになってました。

b0091685_19375613.jpg
ネジが緩んでポロッと落ちたみたいです。下のネジもかなりユルユルで、ドア内部のキーロックもグラついてる。これもしネジが落ちたことに気づかなかったらどうなってたんだろう。さすがプジョー、こういうところは何年経っても変わらないのね。
六角とも違う星型のネジ穴なんで我が家の工具で締めることができずとりあえず手でねじ込んでおいたら、振動のせいかいつのまにかしっかり締まってました。
早くディーラーに持って行きたいけどなかなか時間がとれないんで、しばらくはこのまま様子を見てみます。

こんなことがある車なんで、アイドリングストップ機能とか怖くて使えないです。いつエンジンかからなくなるか分かったもんじゃないので、常に機能はオフにしてます。燃費もそんなに変わらないっていうし。
そういえば燃費ですが、待ち乗りと高速を半々、どちらも渋滞アリで走らせてみて、だいたい12キロ前半ぐらい。最近のクルマとしてはイマイチ良くないなー。

206SWみたいに長い付き合いになるのか、それとも金利0%の残価設定が終わる3年後に買い替えるのか、今のところは未定。できればトラブル無しで長く乗りたいですね。


[PR]
by dah_san | 2016-10-04 19:00 | プジョー2008クロスシティー | Comments(0)

自宅でプラネタリウム

我が家の自慢ガジェット。
まずはこちらの写真をご覧ください。

b0091685_11020761.jpg


b0091685_11020844.jpg


これは我が家の下がり天井に家庭用プラネタリウムで投影した映像をiPhoneで撮影したもの。この映像がゆっくり回転します。あと星座の説明入りの映像もあります。
そのプラネタリウムというのがこちら。

b0091685_10510955.jpg
仕事関連でもらったんだけど、いくらするのか全然知らなくて、調べてみたらまぁまぁいい値段。娘の部屋で寝る前にプラネタリウム大会やってます。タイマー付なんでそのまま寝ても自動でオフになるし。

もともと星座とか月とか宇宙が大好きな娘なんでめっちゃ活用してます。DSなんで子供のオモチャにしてはバカ高くて絶対買いたくないけど、こういうのは大賛成ですわ。



[PR]
by dah_san | 2016-10-02 07:00 | 買い物 | Comments(0)